はなだいのプロフィールはこちら

色々な経験をしてきたはなだいが、一発逆転さよならホームランを打つ為に日々成長していき、想い続ける事で願いは叶う事を信じたい。。。

まず、読んでほしい記事ここをクリック

ドンキホーテ激安4Kアクションカメラを使ってみた

家電・雑記ブログ

どうも、はなだいです。  なんとドンキ4Kアクションカメラが突然手に入っちゃったので軽くレビューしてみようかなっと思います。

 

 

といってもこれまで他のアクションカメラも使った事もないし、「アクションカメラ」という存在も手にするまで知らなかったど素人なので詳しい事は言えませんが、ど素人となりに使ってみた感想をレビューしちゃいます。

 

ドンキ4k対応アクションカメラTAC-20S4k

気になるお値段や詳細については以下のとおりです。

 

 

4K=「画像の規格」の凄さがイマイチ分からなかったので、調べた結果凄いと納得してしまいました。

 

 

解像度が低い方から「SD」「ハイビジョン」「フルハイビジョン」「4k」となります。

 

 

「フルハイビジョン」はBlu-ray Discの画質に相当し画質もキレイで話題に。。。

 

 

しかし4kは、それをさらに上回り画素数にして約4倍で画質の臨場感が違う!!アクションカメラについても調べて簡単に言うと芸人さん達がヘルメットに着用してる小さなカメラ

 

 

自身の表情などを撮る際にも使われているカメラ!!ウェルラブルカメラとも呼ばれてます。

 

 

調べに調べた結果このカメラを手に入れた事かなりラッキーだと思いました。(╹◡╹)

 

 

最近、インスタグラムで色々な日常とかを投稿してるので色々なスマホでは撮れない画像が取れるやんって思ってかなり感激(╹◡╹)

 

 

それでは、今回実際に使用してみて使いやすさ画質など、ど素人なりにレビューしてみようとおもいます。

外観&付属品(アクセサリー)

 

画像から分かるように裏側で本体部分が見えるようになってますので、ドンキに行ったらすぐに目についてわかると思います。

 

 

そして、パッケージ内容が全部合わせて説明書入れて22点付き、しかも〜〜防水ケース付きなので水中撮影が出来るこれがなんと〜7000円程度激安!!

 

 

中国製なのですが、説明書や本体の言語など完全日本語対応でした。

 

 

箱から取り出すと画像通りです。↓↓↓

     

本体

      

 

見た目は、有名なGoProさんに似てる感じです。 本体自体軽く、バッテリー入れても55g程度です。

 

 

一般的な重量で卵が約60gなのでそれよりも軽いとの事です。持ってみてもかなり軽いし頭に付けたりして動画を撮るには、これぐらい軽くないといけないんかなと思います。

 

 

レンズの裏面、液晶モニターは1、5インチの小さなモニターです。 上部には、OKボタンとインジケーターランプ、

 

 

また分かりにくいのですが本体の左側にはマイク、右側にはスピーカーが設置されています。

 

 

そしてその逆サイドには、microUSB、microSD挿入口があります。

 

 

 

本体下部は、バッテリー挿入口です。そして肝心なバッテリーの持ちですが1080P録画時で約90分の撮影が可能です。

 

      

 

サイドには、上下選択ボタン レンズ横にあるボタンは、電源・モードボタンです。

 

 

また防水カバーについて、本体を入れたり、防水カバーを外したりしましたがパッキンもしっかりしてたし、その時点では問題なさそうでした。

 

 

最大水深30m程度までは使えるとの事です。

 

 

近々スキューバーしたいと思っているのでその時に装着して動画UPしまーす!!使う日が楽しみー!楽しみ!

 

 

 

防水ケースを装着した状態でもボタン操作も可能です。自分も装着してボタンを押してみたのですが、

 

 

 

やっぱり防水ケースをつけてるので少し力を入れて押さないといけないんだなと思いました。

マウント用のアクセサリー

 

この商品には、16種類のアクセサリーが付属していて、そのほとんどがマウント用です。

 

 

 

自分がパッと見てわかるものが自撮り棒、防水ケース、ノーマルフレームぐらいですかね!!他は、ヘルメットにつける物や自転車などのハンドルに取り付けるクリップなどがあります。

 

 

先日、自分の大切な自転車アルミクロスターンにパイプマウント取り付けて運転してきましたので動画UPします。

 

 

 

 

説明書には、10通りの組み合わせ例が乗ってますが他にも色々な組み合わせ出来そうです。

TAC-20S4Kの使い方&設定

 

簡単ですが本体の使い方の説明させて頂きます。

実際に使用するのは3つのボタンのみです。正面のレンズの横にあるボタン=(AG)電源/モードボタンです。

電源/モードボタン

 

長押しして電源が入ります。

1回押す「静止画モード」

2回押す「スロー撮影モード」

3回押す「再生モード」

4回押す「設定モード」

再度押すと「動画撮影モード」に戻ります。

電源/モードボタンを長押しすると電源が切れます。

動画の撮影

 

 

 

撮りたい動画撮影モードに合わせて本体の上部にあるOKボタンを押すと撮影が開始されます。*撮影中は「●」とLEDランプ(青)が点滅します。

 

 

撮影を停止する時には、もう一度OKボタンを押したら撮影が止まります。

 

OKボタンを撮影中長押しするとスクリーンショットが撮影できます。

 

 

ズームは、本体のサイドの上下カーソルボタン長押しで1〜4倍まで調整できます。

再生モード

 

撮影した動画、画像を確認することができるモードです。 また、いらない動画、画像も削除できます。

ファイルの選択 カーソルボタン上下
再生開始 OKボタン
早送り/巻き戻し カーソルボタン上下
ファイル削除 OKボタン

設定モード

 

設定モードでは、レンズの横のボタン(AG)を4回押します。

 

 

動画の解像度、音声録音、タイムラプス(設置時間で1回シャッターを切ること)ループ動画(ご使用のSDカードの容量が一杯になったら録画を自動で終了する機能)

 

 

タイマー撮影 連写機能、ホワイトバランス、車載モード、日付 SD初期などの機器設定があります。

 

 

 

そして、カメラマンど素人には、欲しかった手ブレ機能が付いていなかったです。

 

 

 

そこは、撮影技術を向上させて上手くなるか、自動撮影を活用しながら固定して撮影する事で手ブレを無くすかだと思います。

 

 

 

その他気になった機能設定に関しては、車載モードです。

 

 

 

今社会問題になっているので気になるのかもしれないのですが、ドライブレコーダーは、今必須ですよね!!その機能も付いてます。

 

 

 

自動ループで動画(2分)になり、microSDカードの容量が一杯になった時は、自動で上書き保存されます。

TAC-20S4Kの画質、マイク性能は?

 

1番気になる画質についてですが、カメラど素人にとって自分のiphoneやパソコン画像の画質が基準となるので数字的にはこれは凄いとかはわからないのですが

 

 

至っていつも見ているスマホやパソコンに比べると微妙かなと、でも金額的にこの程度なのかと思いました。音声に至っても微妙かなと。。。

 

 

牧場に行った時の動画をアップしまーす。↓↓↓自撮り棒を手に持って撮影したのでかなりブレてますが!!笑

まとめ

★TAC-20S4Kを使用した&自分なりに感じた感想★

 

 

自分的には、手に入ったものですので価格的にはどうかわからないのですが、色々調べて使用してみて

 

 

調べた金額7000円程度であるのであれば安いと思いました。他のアクションカメラでもっと安い商品もあるらしいのですが。。。

 

 

Instagramにスマホで撮った画像を載せるのは、普通ですが違うアングルで撮って投稿出来たらと思うし、

 

 

 

現在、通勤は自転車ですので、取付けてレーコーダー代わりになるし、自撮り棒付き撮影出来るし

 

 

 

ドライブレコーダーには使えるし、防水ケース付きなのでスキューバーダイビングで海の中の動画、画像撮れるし

 

 

 

かなり使えると自分は思いました。もし自分が持っていなかったとしてこの内容見たら7000円程度の金額でも購入したいと思う内容でした。

 

 

 

わがまま言うのであれば、カメラマンど素人には、手ブレ補正が欲しかったぁーーと思いました。

 

 

 

以上 ドンキアクションカメラをど素人なりにレビューしてみました。 自分的には、重宝しそうです。

 

 

 

また、色々アクションカメラで撮った動画など、アップしていきますねー!!

それでは!また!はなだいでしたぁ〜!!

家電・雑記ブログ
スポンサーリンク
はなだい

豊かな人生、幸せな時間は人それぞれ本当の幸せな人生ってなに??人生一回きりの中で現役花屋が花と共に後悔のない人生を歩みたい。その答えを見つける旅に出かける!!

はなだいをフォローする
豊かな人生への道 一発逆転

コメント